東日本大震災で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。  
放射性廃棄物仮置き場キャッピングシート
仮置き場のキャッピングにつきましては、実証実験をへていよいよ本格的になっていくものと考えられます。 特にガスの発生する廃棄物につきましては通気防水シートの適用となっています。 どう仕様につきまして、検討を続けておりますが添付資料をお勧めいたします。
熱特性の一部につきましては、近々明示させていただきます。
 ●ガス発生が予想される仮置場のキャッピングシート要求性能

通気・防水キャッピング工法研究会では、廃棄物処分場の延命化、飛散防止臭気対策等を目的に、従来用いられている 土質の代替材として生分解材料(液状、シート状)の研究を進めております。 特に廃棄物の飛散、悪臭防止に、同研究成果がお役に立つのではないかと考えております。お困りのことがあれば、お気軽にご相談下さい。
 ●震災廃棄物の飛散防止(悪臭)・カラス対策について


 ●現場保管場所・仮置場上部シートの自主基準(2版)●



通気・防水キャッピング工法研究会では、最新の研究成果をパンフレット、カタログ、技術資料に反映致しました。

東日本大震災の対応にも適用できるものと考えています。

是非、参考にして下さい。

 ●パンフレット2012年版(pdf,2.45MB)

 ●カタログ(pdf,5.21MB)

 ●最終覆土の技術資料(pdf,1.42MB)

 ●即日・中間覆土の技術資料
   (pdf,3.37MB)




















 環境を安全に守る最終処分場造りに貢献します。

  通気・防水シートキャッピング工法研究会(CP会)では、最終処分場の廃棄物安定化と
 環境保全としてのトータルキャッピングシステムを提案します。


準好気で廃棄物安定化・埋め立て容量アップで延命化
 最終覆土 ガス通気・雨水制御キャッピングシステム
 即日覆土
 中間覆土
生分解性材料を主とする覆土代替材料
 覆土・表層 有害物質流出抑制ガス・防水シート


 最終覆土分科会 即日・中間覆土分科会


 普及分科会 広報分科会
Copyright(C),2006 Cp-kai All rights reserved